若い力を市政に生かす


by horio25

<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日は、本会議が開かれ第3回定例会(9月議会)が閉会しました。

「前市政の事業について検証を行い、見直しを図る」として、事務事業検証審議会を設置する附属機関に関する条例の一部改正について、反対多数で否決されました。
それに伴い、関係予算を減額するための一般会計補正予算に対する修正案が提出され、私が共産党議員団を代表して賛成討論を行いました。
以下、賛成討論

議案第67号「平成28年度門真市一般会計補正予算(第6号)」に対する修正案について、賛成の立場から討論を行います。
この修正案は、議案第61号「門真市附属機関に関わる条例の一部改正について」が否決されたことに伴い、審議会委員の報酬等の関係予算84万円を減額するものです。
「門真市附属機関に関わる条例の一部改正について」は豊北議員が討論を行いましたが、10月中旬から12月末までのわずか2か月余りで、約400もの事業を外部の3人の委員で8回の会議開催により、検証を行おうとするもので、あまりにも拙速で無理なスケジュールだと言わなければなりません。
具体的な検証の手法や判断基準についても、市長の考えが示されず審議会の議論を踏まえるとされ、委員会の中でも「拙速なスケジュール」「市長ではなく審議会が責任を取るように受け止められる」といった意見も出されました。
以上、あまりにも拙速で無理なスケジュールであること、市長の考えが示されることなく、審議会任せにしていることは問題であり、事務事業検証審議会の委員報酬等の関係予算84万円を減額する修正案に賛成し、討論とします。
e0340663_14232035.jpg

[PR]
by horio25 | 2016-09-30 14:50

総務建設常任委員会

今日は、総務建設常任委員会でした。

私は、市税条例等の一部改正について「特定一般医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例」を導入するものであるとして反対しました。
スイッチOTC薬と呼ばれる市販医薬品の購入を推進し、病院などに受診する人を減らす、医療費抑制の誘導策であり認められないとして反対討論をおこないました。
(スイッチOTC薬とは「これまで医師の判断でしか使用できなかった医薬品を薬剤師や登録販売業者から適切な情報提供を受け、自己責任・自己判断で購入する薬」のこと。例:ガスター10やロキソニンSなど)

所管質問では、モノレールの南伸計画について質問しました。
平成31年度から工事着手、41年の開業予定で東大阪の瓜生堂まで同時開業とのことでした。モノレールの南伸で「門真南地区にとって願ってもないチャンス。魅力あるまちづくりを期待している」など活発な意見も出されています。
門真市駅と門真南駅を早期に結節し、部分開業なども検討してほしいところです。
また、本市の費用負担は出資金として2,900万円の予定であることも明らかとなりました。

9月議会は23日(金)民生常任委員会、27日(火)文教常任委員会、30日(金)本会議の日程となっています。
いずれも10時から傍聴できます。誰でも無料で傍聴できますので、ぜひお越しください。
e0340663_15275069.jpg

[PR]
by horio25 | 2016-09-21 16:14